I/O JUMP福岡16日1部 MC開け覚書

 

 

さて、MC開け、続きから。

 

18.Are you there?

AYTの3人、ドラマ衣装に近い感じで登場!(頭の被り物はなし)

ドラマではいつもかわいい3人ですが、ダンスしてると時節かっこよさが隠せていない☺️被り物と演技力からくる彼らのかわいさの破壊力を知る。

途中、映像に被り物 が映り、真ん中に歌ってる3人それぞれの顔が!

自担はいないけど、あったかい気持ちになりました。残念ながら放送しない地域なので、見逃し配信で最後まで見届けます。

 

19.トビラの向こう

きたー!衣装はsmartのスカジャン!

かわいい…今のJUMPがやっても…あざとい…

やまは薮くんとペア。身長差がまたよき。

薮 ぷにゅぷにゅぷにゅ吉〜

山 上手く痩せることができました♡

懐かしきぷにゅ吉時代 笑

当時擦り切れるほど見た少クラでのこの曲を思い出しました。

名前を呼ぶところ、今でも音源には入ってないのに

「たかぎ!」

「たかきだよ!」

「聞いてねーよ!」

「あははは〜」

って聞こえる…(重症)

振り付け?もそのまま。

♪光 畳み掛けのストーリー

で映像に光くん登場!Jumping carnivalの始まりみたいだった。みんな光くんに合わせてぱたぱた倒れる🖐

大ちゃん高木くんも登場。

 

20.Born in the earth

早替えで登場!キラッキラの金衣装で一列に並ばれたときは😳ってなった。

この曲の高音好きなんだな。

 

21.心・技・体

懐かし曲。

メインステからセンステへ。

花道でBESTちゃん 固まって歌い、入れ替わり立ち代り7ちゃんと並んで歌う。

一列になり、各カラーの布でひらひらして魅せます。

あの頃はたどたどしかったダンスをばっちりみせてきます。今みると簡単そうに見えるけど、当時はいっぱいいっぱいだったんだろうな…

 

と思ったら、水太鼓!生で見られて嬉しい!大変そうだけど 笑

裕翔、高木くんからスタート。

裕翔くんのリズム、かなり難しそう(太鼓経験者)

3.3.3くらいで振りを揃えながら叩きます。

 

22.Give me love

ここの流れ、絶対前の曲を和の感じで落ち着いて終わったから繋がったんだろうな。それとこの曲のイントロ。

普通にセトリ順の原曲で聴いてても繋がらない 笑

センステに移動。やまと大ちゃんの見せ場が多いので個人的には(踊ってくれるとなお)好きな曲。落ち着いた曲なので、顔きれい…とぼんやり思いながら見れる曲 笑

この落ち着いたかっこよさ、多分ライブの山場が近いと感じさせます。 

 

 23.僕はvampire

映像が流れます。なんか、マント羽織ってる。うん。vampireさんのお出ましかな。かっこいいはずなんだけど、思わず笑ってしまう(失礼)(だって厨二病っぽいんだもん)

ダンス始まっちゃえば好きです。

ここからの衣装はメンバーカラー取り入れてきました。今まではどちらかというと、メイン曲(ダンス系)は揃った衣装が多かったから、結構追いかけるの大変だったんだけど、目に優しいかつ好きな衣装でした。ちょっとラフなかんじ。やまのジャケが萌え袖でこちらも萌えました(キモオタ)大ちゃんの衣装が好き(私は山田担)たぶんこの後のメドレーでカチッとしたお揃い衣装だったからこういう衣装だったのだろうな。

(曲の感想が短いのは察して)

 

24.OVER THE TOP

やはりこの曲は、始まりの知念くんがセンターで魅せるダンスにこっちまで頭抱えてます。最後の挨拶で「かわいくなくなっても応援してください」って言ってたけど、私はかっこいい知念くんも好きだし、メンバー大好きな知念くんも好きだから大丈夫だよ(盲目)

サビの振りって何気手の振りは真似しやすいので一緒にやってしまいました。この曲振り付けてくださった方の曲って比較的そうだよね。大ちゃんがサビで輝いておりました。大ちゃんがやまをくるんしてくれるところも好きです。

 

25.I/O

ライブを経て更に好きになった曲2位(1位はsweet liar)

やまの振り付けということで、この一回しか入れないから悩んだけど、全体をみました。やま追いかけるのやめて。

DVDに定点映像入れてくれないかな…

なんなら個人アングルも入れてくれないかな…

JUMPの今の集大成という感じ。OTTとかファンタは正直、頑張れJUMP!という気持ちでPV見てたけど、何故か安心して観れた。それだけJUMPくんたちに馴染んだダンスだったのかな。とにかくみんなの一体感がすごかった。印象的だったのは、やまの

♪東の空へと〜

 でみんなが一列になって指差すっぽい仕草したのが、みんなの決意みたいなのを感じられてよかった。

あと、1サビ終わりから歌う人がどんどんフューチャーされるとこ。

裕翔くんが真ん中に立った瞬間、ばっと丸くなってみんなしゃがむの。ばーっと立ち上がってきたタイミングでスムーズに知念くんにバトンタッチして真ん中に立たせる。素敵だった。一人一人に輝いてほしいというのと、そのとき、8人が一体となって支えてくれてるんだなって感じるダンス。ほんとがどうかは知らないけどね。

 

26.真剣sunshine

ラストスパートじゃー!トロッコ等で周る。

伊♪光る真夏のゆうや!みんなを一人占めさ!

いのたかのおふざけがほほえましかった。

 

27.明日へのyell

 外周に入れ替わり立ち替わりきてくれました。タオルぶんぶん曲たのしー!踊ってるのも好きだがな。

 

28.10周年メドレー

  • Aino Arika
  • Your Seed
  • Magic Power
  • Ride with me
  • Ultra Music Power

メインステに階段出てきて宝塚みたいだった。ユアシもマジパもおしゃれだった。キラキラ衣装だし。

現場たくさんやって、ダンス揃えてをやってきたからできる美しさ。

このライブの何がいいって、JUMPがチャレンジしてきたたくさんの魅せ方を詰め込んでるんだよね。

かわいいJUMP

バンドのJUMP

ダンスを揃えることを頑張ってきたJUMP

ショーとして魅せるJUMP

キラキラアイドルもオラオラかっこいい曲もやってきたギャップのJUMP

今まできっと悩んでいろんなことやってたのが全部JUMPくんたち自身のものになってるんだなって。

0からスタートしたけど、この10年たくさん重ねてきたんだなと思った。

 

29.H.our Time

メドレーでそんなこと思ってる内に泣かせにくるから泣きました。

大ちゃんと裕翔くんのパートが好きです。

大♪正直つまづいたときもあった〜

のところ。いつも笑顔をたくさん届けてくれるけれど、アイドルだって辛いときもあるんだなって。歌詞で隠さず伝えてくれる大ちゃんが好きです。

圭♪09.24まった涙で〜

のところも、

裕♪喜び悲しみ受け入れて生きる

のところもいろんなことあったんだろうなと思わずにはいられない。全てのことはうかがい知れない。本人たちにしか分からないだろうから。でも、JUMPくんたちのお陰で私は今幸せだよって、こういうライブとかで伝えられたらいいな。

 

挨拶(ニュアンス)

やまが裕翔くんとばちばちしてたときもあったと。苦しかったとき、暗闇に迷い込んだとき光をさしてくれたのはみんな(ファン)だと。だからみんなが暗闇に迷ったときは僕たちが照らすから、その光を信じてついてきてほしいって。

泣かずにはいられん。たくさん照らしてもらったよ。JUMPくんたちが辛かったであろう時期に離れててごめんね。でも過去をどうこう言ってもしょうがないから、これからも全力で応援するわ!という決意。静かな雰囲気だから静かに泣いてたら近くの人が号泣しとった。

 

はい重い〜!

山田担なんで許して!

 

encore1.precious girl

あっちゅーまにお手振り曲に…

あいありを彷彿とさせるな…

いいんだ。どの曲か忘れたけど、光くんに蹴られてニコニコしてる圭人とか、大ちゃんの手袋もらってマイク落としそうないのちゃんとかみんな外周来て近くでファンサ見れたから…

 

2.Hey!Say!

♪ぼくらは平成only!

のところ、バクステでちねたんと光くんが絡んでた〜

encoreは光くんのお兄ちゃんみが強くてかわいかったな〜

C&Rしてる人ちょっと少なくて残念。

 

3.Come on a my house

伊 知念の自宅に行きたいか〜?

     知念さん、さすがにこの大人数は無理ですよね?

知 カモナマイハウス!

私 ふぅー!(周りと少しノリが違う)

知ってました。周りとちょっと違うなって。後で、静岡19日レポ漁ってたら、

山 光くんのベースソロでみんなキャーって言ってたのにふぅー!ってやってる人いなかった?

薮 普段フジロック行ってる?

という会話があったらしく、多分私はその部類です(フジロックは行ったことないが)

周りに迷惑にならない程度にがっつり踊りました。

 

というわけで、自分の備忘録おしまい。

楽しい夏はあっという間だった。

ぜひ追加公演待ってます。

I/O JUMP福岡16日1部 覚書MCまで

またまた自分のための備忘録でございます。

ついったにあげるといろんな人いるからこっちで。

え、子供の事情書き終わってないって?ほぼ最後までいったけどまだ下書き。あげるよ。(遠い目)

なんか自分の備忘録だったんだけど、アクセス伸びてしまい申し訳ない感。

 

今度は本家、

Hey!Say!JUMP2017 I/Oツアー

福岡16日1部です(スタンド9列目ステージから見て左バクステとセンステ間くらい)。久しぶりにアリーナ規模だったから、すごく近く感じた…😌

 

ネタバレなので、よろしく。

 

 

徐々に始まるJUMPコール。

ステージには柱時計。

3分前?くらいに映像が変わり、砂時計に。メンバーカラーに変化しながら、落ちていく砂。全て落ちる頃…

 

1.introduction

2007(デビュー年)の砂時計⏳が置かれたのを皮切りに次々と置かれる砂時計。

最後に2017の砂時計が置かれると、デビューの映像から、個人の映像へ。

光くんがかわいい…!

薮くんはくしゃっと笑顔☺️

大ちゃんは頭の後ろに手をやり、無邪気感満載😁

やまは…爽やか笑顔😇

 

2.UMP

メインステージ。騒ぎすぎて覚えていない 笑

 

3.Dreams come ture

いつものDメロで薮くんがみんなに振ってくれる

薮「福岡のみんなの声を聞かせてくれ!」 

メインから外周を周ってくれる。

♪夢のような 夢を見ましょう〜

で圭人くん目の前!夢のようだ〜笑

 

4.真夜中のシャドーボーイ

センステで、ばっちり踊ってくれました。フルサイズでしかもステージ回転!

やまも裕翔くんも「シャドー」やってくれました。裕翔くんのムーンウォークも!

不覚にも私…涙目でした(多分会場中で私だけ)。

この頃なのよ、現場行けなくて辛かった時期。生で、しかもしっかり揃ったダンスでこの曲を見れる日が来るなんて…

曲って、当時の思い出をしっかり孕んでる。

 

4.瞳の中のスクリーン

一緒にあの指をやりました🤗

山「すいとーよ♡」

福岡に合わせてきたー!(福岡県民ではない)地元民多い感じだったから、嬉しかったんじゃないかな😊

 

5.Viva!9's soul

コール楽しかった〜

ずっとやま見てた…

時々光くんと絡んでた…というか絡まれてた 笑 お尻触られてた…?笑

高木くんバク転は知念くんと圭人くんの補助あり。バク転したあと、とととっと行きすぎて焦ったわ。笑ってたから大丈夫っぽかったけど。

やまパートはやっぱりエロかった😂

大ちゃんパート

裕翔「次はない。」(コードブルー?)

 

6.太陽にラブモーション

お手振り可愛かった〜 バーリアッのとこ。一緒に楽しみました!

いのちゃん間奏で謎ラップ。でもばっちり言えてた!ラッパーみたいだったよ〜〜(過保護)

 

7.sweet liar

メインステージ。黒ズボンにワインレッドのシャツ。もうやまが歌うたんびに「はあ〜♡」っていうため息しかでなかった。ほんとにかっこいいと思うとキャーにもならんかった。ライト振るの忘れる。腰砕けるってこういうことか。みたいな。4人のダンスもきまっとった。一緒に固まって踊ってるのもよき。

やまソロでベロ出し人差し指あてて。確信犯だよ。

後半、はだける!ラスト、背中見せる。

知念・圭人のハモリや、やまのシャウトもばっちり決まっておりました。もちろん裕翔くんもモデルか!みたいな。

 

8.スタートデイズ

先程からは一変。映像から始まります。

内容はBESTコーナー会議。ホワイトボードには過去のBESTコーナーの写真が。光くんが司会(前髪ちょんまげかわいい…)

高木「セブンはカッコよく踊るらしいね。」

薮「だったらBESTはコントでしょ。」

そこで大ちゃん物申す。で、お決まりの

光「ばかやろー👊」

光「田舎の母ちゃんが泣いてるぞ!」

なんか言い間違えてる。八乙女ポイントもしっかり抑える 笑 でも誰も突っ込まん 笑

光「出会った頃を思い出すんだ…」⌛️

衣装は白ポロに半ズボン、ランドセル、黄色い帽子。みんなキャーいっとったが、私は笑ったぞ…

高木くんからスタート。あまあま。ご当地ネタ入れてくる。

大ちゃんが転校してきて、一緒に踊る設定。光くん?から久しぶりに「ちょうどいいブス」を聞く。

BESTに欲しいもののとき、他のみんなは「ランドセルを前に背負う!」「眼鏡をかける!」とか普通?なんだけど、いのちゃんだけ、急に

伊野尾「はあ…はあ…なんだと思う?」

有岡「(若干困って)エロい声?」

伊野尾「違う!リズムだ!」

分からんわ!って心の中で突っ込んだ。

 

9.楽器隊セッション

裕翔くんのドラムからスタート。ちょいちょいあざとい笑顔でこちらを見てくる。キャーって言われるのわかってる。確信犯。圭人も参加してセッション。やま、知念出てきてみんなで「冒険ライダー」懐かしかった〜☺️この頃の曲はカップリングも完璧でございます 笑

光くんベースソロ。響く!あれだけ弾けたら楽しいだろうな〜

衣装は青の上下スーツにボーダー。この衣装好き。年末着ないかな〜

 

10.ありがとう〜世界のどこにいても

この流れでバントver.

か、かっこいい…

炎の演出…🔥

歌詞は、ジャニーズ特有のトンチキなのに…(失礼)

サビは一緒に叫びますし、手をブンブン振れるから、本領発揮でございます。(フェスとかみたいなノリが大好きな筆者)

大ちゃんのThanksは叫びver.

野球みたいに手を投げる⚾️(この後いじられます)

 

11.TTT

泣きそう(2回目)

現場拗らせ期聞きたい曲1位。

ほんとに、あの頃より大きくなったね。

TOPに近づいたね。

やまが気持ちよさそうに縦に乗っていたのが印象的でした。

薮「一緒にJUMPしよう!」

で締め。

 

12.Star time

大ちゃんのMC入り。

JUMPもファンも大切にしてる的な。

バラードver.です。

3.3.3にステージ上で分かれ、肩組んだりしてメンバーが幸せそうだった。

最後はいのちゃんの周りにみんなが集まる。大ちゃん、いのちゃんになんか言ってちょっかい出してる 笑 デビューコンを彷彿とさせる一幕でした。

 

13.From.

外周きたー!一列できたー!

こっからの流れが秀逸でした。

君ら、かわいいに需要あるってわかってるね。デビュー当時では考えられんよ。こんなにかわいいJUMPちゃんみれるなんて。カッコつけるのに必死だったもんな。From.よ、今度こそ収録まで残ってくれ…!

大ちゃんパートで後ろのいのちゃんがちょっかいやりかえし!笑

目の前で、やまがソロ歌ったと思ったら、裕翔くんは肩もみ出すし、光くんもちょっかい出すし。歌いきったやますげー笑 幸せそうに笑うやまを見て、私も幸せでございます。

 

14.キミアトラクション

バクステにて。ちねんちゃんと薮くんによるトントン相撲開始 笑 ちねんちゃんが駒で薮くんが、床を叩く🖐

いのちねパートでは仲良し見せてくれました。

本日の「君がNo.1」は

君のことが好きだから〜」

裕翔くんガチ真似🤣

もしかして、世代的に分からない子いた…?😨

ありやま交換。

 

15.スクールガール

え!?スカガ!?(未だ驚き冷めやらず打ち間違えた)スクガだとー!!

やっぱり君ら、かわいいの需要わかってる!ボルテージ最高潮だーーーー!!

でも逆側の外周でかわいいやられた。こっちも見たかった。9人列車か、かわいい(語彙喪失)肩組んでる…流石10周年。JUMPくんたちの幸せが伝わるよ…

 

16.我I Need you

このイントロ…まさか…

き、きたー!Mステファン投票ぶっちぎり1位曲、我らの我Iじゃーーー!ギャーー!(本当に叫んだ)

かわいいと僕らの需要わかってる!(3回目)

スタンドマイクで。ばっちり踊りました。やまの「Are you ready?」が聴けた!

 

17.MC

メモしていた訳ではないので、順不同かつ曖昧です。

 

7とBESTの褒め合い祭

7のリハとBESTのリハ交代するとき、高木くんボソッと「来年はかっこいいのやりたい…」と言っているそうな。去年のカッコよかったもんな!今年は盛大に笑ったよ!7ちゃんで死にそうだったから復活できたよ!

リハでBESTの「スタートデイズ」にいのちゃんとかいないとき、ちねんちゃんが混ざってるという話から、

知念「ま、披露する場はないけれど」

ファン「見たい!」

の流れでやることに。

で、踊り始めるんだけど、何故か途中から"腕を脱臼したままダンス"を始める 笑

DAIGOのダンスで戻す 笑

「ちょっと違うんだな〜笑」

今日は知念がノリノリだと言う話から、

「昔はキラキラ拾ってたもんね」

→キラキラを拾う知念。何故かしゃがんだまま周り出す。メンバーに「お!お!」と煽られるも

知念「何もありません」

いや、煽られたとき「どう落とすのよこれ」ってマジレスしましたごめんなさい。 

 

高木くんバク転挑戦中

Viva!9's soulで高木くんはバク転に挑戦中とのこと。

「収録までには完璧にしたいな…」

「今は補助輪付けてる感じだもんね。」

「三輪車の!」

「どっちの補助輪から外す?」

高木「左かな」

「知念?!(左が知念、右が圭人だった)」

高木「(教えてくれた)知念には見ててほしい」

高木くん、それ、知念くん嬉しいやつだよ…メンバーは真っ先に圭人?って言ってたもんな。確かにバク転技術で言ったら知念くんだから、そりゃ補助するだろという一般論を退けて。

 

DVDに入れたい集(本当に入れてくれ)

薮「(高木くんの)バク転集作りたい。イチローの◯年、イチローの◯年みたいに!」

という話から、大ちゃんのありせか「Thanks」へ。Thanks集も作りたいと。

裕翔「途中でサークルK入れて」

薮「なぜ合併された方を」

裕翔「ありがとう拾ってくれて」

さすが薮さん…ツッコミが細かいんじゃ(cv.去年の薮さん)

 

さらにノリノリのちねたんとマジレスもどきの裕翔くん

「大ちゃんなんか投げてますよね。」

大ちゃんが野球少年だったから(嘘)という話をしながら投げるふりしてたら、ちねたんが投げる…からの脱臼 笑

薮「ちょっと、カメラ拾えてなかったからもう一回」(優しい。やぶちね。)

ちねたん投げる…からの脱臼…からのDAIGOで復活😂

裕翔「(投げるのは)大ちゃんの〜だよね」

薮「クソ?!?!」

癖でした。笑

 

ちねたんが告発

知念「舞台裏で円陣組んだときに、僕の上に手を重ねた人が手びしょびしょだったの!」

誰だとざわつくメンバー。

「手のひらの手汗酷いのか?」

大ちゃんだと判明。

「だって本番直前にトイレ行ってるんだもん」

で、手を拭かないでそのままのせたそうな 笑

さらに

光「お前10分前までゲームしてたろ!ドラクエ!」

おいおい 笑

薮くんもパピコを食べていたことが判明😂

「お腹弱いよね?」

薮「荒療治!」

しかも呼びかけても食べる人いなくて結局一人で食べたと 笑

 

やまの振り付けI/O

AYTがはけた後、振り付けの話へ。

「今回は山田が振り付けたんだもんね。」

山田「みんな優しくて振り付けしたいってメールしたら、すぐ返ってきた」

パリで振り付けたとのこと。

裕翔「でも、やまパリかぶれになっててさ、最初の挨拶ボンジュールだもんw」

知念「振り付けはどうなの?もうやらないとか、仕事でいろいろあるじゃん」

山田「もし機会があるならまたやりたい」

やま…😭

紙にフォーメーションとかも書いたんだってさ。9人もいると、やっぱり難しいんだそうな。

圭人が振りを付けたらどうなるかという話になり。

山田「圭人の唯一苦手なスポーツダンスだからな」

と、愛ある言葉を頂きつつチャレンジ。

8カウントで始まるも、始めの1〜4は手を上に挙げ、弧を描いただけ。最後はひざまづいて後ろに倒れる

薮「それできるの滝沢くんだけだから!」

子供の事情

前の記事を落としたのはこのためだ…!

 

三谷幸喜さん脚本

子供の事情

を観てきました。

本当にいい舞台だったと思ったので、

これは私の備忘録です。

 

ここからはネタバレを含みます

 

 

 

 

 

 

 

時は遡ること1971年。

楠小学校4年3組の放課後。

他の子は習い事で忙しい中、

ダラダラ放課後教室に残る

通称「スーパー8」の日常から物語は始まります。

 

毎日のように放課後勉強するけど、成績は良くならない ホリさん(吉田羊さん)

人の話ばかりを繰り返す リピート(浅野和之さん)

恐竜が大好きでいつも自分の世界 ドテ(小手伸也さん)

みんなから信頼される アニキ(天海祐希さん)

子役で活躍し、放課後勉強をしにきている、学校の有名人 ヒメ(伊藤蘭さん)

この物語の語り部 そして 子供の頃の三谷幸喜さん役(突然びっくりした 笑) で、人間観察が上手な傍観者 ホジョリン(林遣都さん)

学級委員長で口うるさい ソウリ(青木さやかさん)

 

そこに、悪い事ばかり考える、いわゆるクラスのボス ゴータマ(小池栄子さん)とボスのブレーンじぞう(春海四方さん)がいます。

 

始まりは一人一人のキャラをはっきりと言動で見せていきます。

ゴータマとじぞうはまた悪巧みを考えている様子だし。

ソウリからの「5年生の理科で使うおたまじゃくしがいなくなったんだって。ゴータマ知らない?」という疑いも

「なんで良くないことが起きるといつも私を疑うのよ」とかわすゴータマ。

ま、大きい缶の中におたまじゃくし全部隠してて、5年の教室に置いてびっくりさせるっていうくだらないこと考えてたのはゴータマなんですけどね 笑

 

ほんと、この最初の描写から見事!

「あーいるいる、こんな子」ってなる。

いわゆるガキ大将でクラスを引っ掻き回すゴータマも、ゴータマの足りないところを悪知恵で埋めるじぞうも、正義振りかざして先生にいい顔するソウリも。

 

ドテがソウリに何回注意されても蛇口に思いっきり口つけて飲んじゃう件も笑った。

この件を1番嫌がっているけど自分から言えないからソウリにいってもらうホリさん。強い権力に頼るあたり。争いをまあまあ、とうまく抑えるアニキになんとか仲裁しようとコップを貸すホジョリン。でも結局ドテは口つけて飲む 笑 ドテにはなんの悪気もないんだよね。だけど周りの空気とか気にしないからやっちゃうし嫌がられる。なんともグレーなドテをいじめないスーパー8が優しいと思えるくらい。

それから文房具屋さんが来て、いろいろ描けるオプション付きの定規を買う件。リピートはゴータマとじぞうに見事にパシられ定規を買ってきて、その定規で遊ぶんだけど、すぐ飽きる 笑 ゴータマは「いる人〜」と言って欲しがったホリさんにあげるかと思ったら、金を取る 笑 しかも「だって並んで苦労して買ったんだからさ〜」って、買ったのはリピートだよ 笑 で、ホリさんは定規でめっちゃ遊ぶ 笑

 

ほんと、登場人物全員のキャラがはっきり見えるので、いろいろ想像膨らむよね。

でも、人は普段の印象だけじゃなくて、子供ながらにいろいろ背負ってるんだなってだんだん見えてくるのもこの舞台の面白いところ。

 

さて、話を戻すと(遠回りしすぎ)

そこに突然、転校生のジョー(大泉洋さん)がやってきます。めっちゃ渋いおじさん感出してて、こいつ、本当に10歳か?!みたいなやつです。(時々こういう笑い入れてた 笑 でも僕たちは10歳の子供!みたいな 笑)このジョーが日常をかき乱していきます。転校生問題児パターン。

 

蛇口の件も、アニキは「悪気はないだろうけど、口付けないで飲む努力しよう」みたいなことを言うんだよ。正統派な仲裁意見。でもジョーは「ドテの気持ちがよく分かる。だって蛇口が上向いてたら口付けたくもなるよね。だから蛇口を下向きに固定しちゃおう!」って。奇抜なことを言ってきます。

更に、みんなのキャラや立ち位置を見透かしている。ジョーはまず、みんなから信頼の厚いアニキのポジションを狙います。

実はこのアニキというキャラ、みんなから頼りにされるけど、勉強は真ん中、運動もそこそこ、普通キャラなんです。だからこそ、頼りにされるポジションを見つけ、それを大事にしている。

だから、ジョーにポジションを奪われるのは、アニキにとって死活問題なんだよね。なんて狭い世界。劇中でも、ヒメが「そんな狭い世界で争ってなんになるの。私はもっと広い世界(芸能界)で大人と戦ってるわ。捨てられないように。」と話します。

で、このポジションの奪い合いは結論から言うとジョー勝利します。

 

ことの始まりは揚げパン事件。

ソウリが勘づきつつも、上手く隠れて、ゴータマとじぞうがまた悪巧みを考えています。なんと、給食の揚げパンを強奪しようと言うのです。しかも用意周到。給食から揚げパンが無くなったら誰かが気付く問題は、揚げパンときつねうどんが重なり、主食が無くなっても分からない日に。誰かが献立表を見る問題は、じぞうがクラスの献立表を剥がし済。足りなくてお腹が空く問題は1番残食の多い5-1だから大丈夫と(5年生どんだけ舐められてんだよ 笑)。

この悪巧みに、ジョーはアニキを誘います。当然正統派真面目なアニキは断りますが、「アニキって頼れるだけじゃなくて、どっか悪なところもあった方がいいぜ」と言葉巧みに乗せます。おかしいじゃないですか。アニキのポジションを奪おうとしているジョーがアニキを成長させようなんて話。全てジョーの計算です。

アニキの性格を知るゴータマは、計画に入れることを当然嫌がりますが、ゴータマみたいなボスキャラには力の差を見せるのが1番効果的だとジョーは知っています。ゴータマがクラス1得意としていたトランプのスピードで見事勝利し、ボスポジションあっさりゲット 笑

アニキが入るからと芋づる式にホリさんやリピートも計画に加わります。

ところがそこにやってくるソウリ。みんなは発表会の演奏の練習のフリで誤魔化しますが、やはり悪になれないアニキは、じぞうが奪ってきた献立表をさり気なくソウリの前に落とします。

ソウリに追求され、みんな黙るのですが、アニキは計画を全てバラしてしまう。アニキの信頼は地に堕ちます。

この後のアニキのハブられっぷりが本当にかわいそう。アニキが何言っても何やっても無視。ボスポジもアニキポジも奪ったので、ジョーは突如スクールカーストトップに躍り出ます。

 

この辺で一旦休憩。

 

広告を非表示にする

orderから抜け出せない

随分前の下書き残ってたので落とします。

 

DVDが届いて大分月日が経ちました。

がんがん見てます。

休みの度に見てます。(当時)

本編はSIUループが止まらないのですが、

ソロアングルはなんといっても

order!!!

大ちゃんから目が離せません(山田担)

 

いや、以前からダンスは大ちゃんの好きで、所々に入れてくるオリジナリティ(確実に落としにきてる)も大好物だったのだが、これはあかん。

 

だってCDのときから

ぶぎのぉ…ぶぎぶぎのぉ…

好きだったもの…!

映像ついたら致死量に達しますよ。

 

語彙力足りなめに語ります。

 

 有岡大貴の場合

はいきたー

ぶぎのぉ…!

かっこよさとかわいさ知っててやってるよね。大ちゃんポーズかわいいよ!あざといよ!(褒めてる)

00:15 やぶひかに挟まれて踊る大ちゃん。小さいのに大きい動きで魅せるの上手い。

00:30 横顔が美しい…!

00:41 この音楽にうまーく乗せて踊る動きが好き。ダンスは分からないけれど、音楽はやってきたので、リズムに乗れてるのをなんとなく感じる。

00:46 山田さんがきゃーと騒がれてる脇でちゃっかりオリジナルの動き入れてますね。ハートもれなく撃ち抜かれました。

00:58 お遊びたいむ〜withゅぅゃ、光くん。んでしれっと戻ると。本当の振りってどんなだったのか。

01:29 はい横顔!美しい!(2回目)

01:58 ここの歌詞「僕にもっと溺れてよ」なのですが、既に頭まで沼に浸かりました。溺れてます。

02:05 有岡センタータイム終了。悲しい(私は山田担)

 

山田涼介の場合

まず、ぶぎのぉ…からの

出ました!お家芸シャウト!

アップの顔が美しすぎます。

00:26 くっと顔上げるとこは計算済みですよね。かっこいいと分かってやってますよね。

力強いダンスなイメージの山田氏。

自分のパート前にゆる〜く色気出してる。たまらん。こっちが勘違いしてしまうよ。好き。

01:02 横顔きたーー!(好物)

01:12 椅子のなでかたがエロい。(好物)

01:45 このダンスは山田氏のも好き!

かくかくとメリハリあるのが好きなのでしょう。ここ、山田氏ソロじゃなくて本当によかったと思ってる。高木くんの声とぴったり!

 

中島裕翔の場合

はいきたー!

00:06 椅子の引きずり方かわいいが過ぎるよ!

00:08 そのわずか2秒後には振り回してかっこいいが過ぎるよ!

00:27 脚長っ…!足組むだけでかっこよさむき出しですか。そうですか。(遠い目)(自担を思う)

00:53 はい椅子芸きた。裕翔くんのスタイルまで行くと椅子は最早カバンですか。そうですか。と思ったらくるりん。置き方までいけてるよ!

00:58 ゆとゆりたいむ!ふっと笑った後、キリッと戻すけど、目があって笑みがこぼれるゆうとりん。かわいい。

01:32 椅子芸きたよ!片足乗せるのも、脚長いからこそのかっこよさであります。

02:19 トロンボーンはさむゆうとりん。遊びますね〜

02:25 世の女はこの顔に落ちた。何、この余裕の笑みは。もう僕に溺れてるでしょ?って笑み。

これ、絶対、服がすぱまん仕様だったらやばい。(まっすーごめん)

ここまでお解りかと思いますが、この曲のダンスはサビよりA,Bメロのが好きです。笑

 

ここで力尽きてた 笑

別の投稿をするためにこのまま置くことにします。(勝手な)

 

ジャニーズのライブ

 

こんばんは。

さて。DEAR.DVDが届くまで残り僅かとなった今日この頃。

 

本日振休だった私は待ちきれず過去のライブDVDを観まくっておりました。

 

そこでふと思いました。

なぜ

ジャニーズのライブは

かわいい盛り上がり方なのか

 

そこらへんのフェスやら、

スタンディングのライブやらにも行く私は、どうもジャニーズのライブに来るファンの盛り上がり方がかわいく見える。

 

勝手に分析開始(個人の主観入りまくり)

 

  1. ペンライトとうちわ文化
  2. 声援
  3. ファンサ
  4. 一緒に踊る

 

この4つの視点で考えていく。

 

1.ペンライトとうちわ文化

これがまずジャニーズ独特である。

そもそも普通のライブだと、ペンライトもうちわも持たないので、ファン側の盛り上げは

手拍子

リズムに合わせて手を振る(多彩)

ジャンプ

サークル

などである。

しかも顔を見に来ている訳ではないため、手も最大限挙げる。スタンディングなんか揉みくちゃである。

 

一方ジャニーズは、顔も見たいわけなので、マナーとして手は自分の頭より下。

で、ペンライトとうちわ持って胸の辺りでふりふりしている。

そりゃぶんぶん振らないもんかわいくなるわ。

ペンライトありきの曲もあるもんね。

 

2.声援

ジャニーズは女性(しかもJUMPくんは年齢層低め)が多いので、当然

キャーーー♡

である。

 

いや、本当に入ってる人の関連性すごく高いと思います。

例えば

絢香:老若男女いるので、声援というか拍手がほとんど。お上品。

フェス:男性の割合も高いので

ハイ!ハイ!うおーーー!(低音)

でかい声でのる。

嵐:女性多めだが、年齢層もバラける…が、

キャーーー!

は変わらん。

 

JUMPくんはぶっちゃけびびったさ。

ギャーーーーーー!

尋常じゃない黄色い声援にびっくり。

例に漏れず私も叫んでるけど、飲まれとったわ。

かわ…ま、低音ボイスよりはかわいい。

基本キーが高いんだもの。

 

3.ファンサ

これもジャニーズ独特の文化だと思う。

確かに他のアーティストも手は振ってくれるけど、メインステージとあってもサブステージくらいで、外周とか、花道あんなにあるのジャニーズくらいよ。

顔も見たい願望をきっちり叶えた結果生まれたサービスたっぷりな演出。よりファンの近くへ。お手振り。ダンスもいろんな場所で。

より声援も増えますわ。

かわいいやつね。

 

4.一緒に踊る

そ。一緒に踊れる曲が多い。

というか、一緒にライブを盛り上げたいというファンの思いの結晶だと思う。

こんなにC&R揃ってるのジャニーズくらいだと思うよ。

確かに、他のアーティストだって

曲によってこれは手拍子とか、これはコールありとかいろいろあるよ。

でも当然ライトなファンもいるから、分からない人も多い訳で。

ただ、ジャニーズのファンってマジでヲタク気質しっかり発揮してるんだよね。本気なんですよ。

ライトなファンだろうが古参ファンだろうが関係なくしっかり予習してくるのだから。CD,DVDを繰り返し見て聞いて。

そして、多ステしている方々にも支えられてると思う。

舞台にライブにいろいろな人に金を使う私は

そのアーティストのライブ=年に一度の贅沢

なので、当然JUMPくんのライブも一回のツアーにつき一度。

多ステしてる人の盛り上げって本当に大きいと思います。何やるか分かってるのだから。

 

さ。

DVD、今年のライブ、待ちましょう。

 

 

 

広告を非表示にする

ジャニーズ担降り変遷2

5.転機

 

2008〜2009は不遇の年でしたからね。アルバムいつ出んの!Live行けないんだから頼むよ!山田不足なのよ!

そんな状態から茶の間で会える嵐さんに完全担降りして早8年。転機が訪れる。

 

久しぶりに地元の友人に会い、たまたま今のJUMPを知る。

ま、その友人、私がアホみたいにジャニヲタやってたの知ってるからな。

でもその子がいつの間にかJUMPファンになってたのはびびった。

そして、

 

「いただきハイジャンプ」をやっているとな…?!(冠番組にびっくり)

 

私元々その辺りの深夜番組予約してたし(NACSも好きでおにぎりあたためますか予約してた)

まごまご嵐とかGの嵐とか嵐の宿題くんとかくだらないノリが元々好きな私は再び浸かってしまった。

迂闊にいたジャンみて片足突っ込んだら首まで浸かってしまった。

もう抜け出せん。

 

しかも初見がまさかのウエディング回ですよ。(神回だと思ってる)

 

山田氏どんだけイケメンに成長してんのよ!

 

いやいや山田氏の女装、そこら辺の女子のかわいさ軽く乗り越えてるから!

 

大ちゃんが山田氏にきstm#tjdt(混乱)

 

当然、Dear.初回ポチッとしましたよね。

 

そしてそこから更に混乱に陥るわけですよ。

 

MVが破壊的にかっこよかった。

 

みんなダンス上手くなり過ぎだろうよ!

大ちゃんかっこよいよ!

知念くんいつかわいさからかっこよさにシフトしたの!

裕翔くんスタイルよ過ぎか!

そして山田氏に誘われる!

語彙奪われる!

 

もちろんファンクラブ入りましたよね。掛け持ちというやつです。

しかしもうツアーの申し込み終わってた。つら。

でも、その辛さはシングル達が埋めてくれた。

なに!?こんなにリリースしてくれるの?!デビュー当初じゃ考えられんよ…!

 

さらに。

歌番組でJUMPちゃんの本気見たよ。

Ride with me泣いた。

じゃんぷくんたち、こんなに成長したのかと。

 

6.Live

そんなこんなで沼にズブズブ浸かっていたら、幸運なことに年末年始Liveに当選。

(orderとかNLYGとか歌わなかったの恨むけどな。)

 

生Ride with me,My Girl,ギミラ…まじ感動ですよ。キラキラと彼らが目の前で踊ってるんですよ!

大ちゃんの笑顔たまらんよ!

目の前でやぶたかゆと振り返ったよ!

山田氏この世にいる人ですか!

(ほめてる)

チクタクハプニングも生ならでは。

あの温かい拍手と一瞬で空気変えた山田氏忘れられん。

 

そういうわけで、

間ぽっかり空いてたけど帰ってきました。

断捨離してデビュー近辺のCDとか雑誌とか売って捨てたのが悔やまれる。(あほ)

またドル誌を買い、テレビ録画し、ラジオを聴く日々。

幸せですわ。

 

これからもそんなこんなで気まぐれにJUMPちゃんのことをつらつら書きます。

 

(ちなみに再び山田担です)

ジャニーズの担降り変遷

はじめまして。

遂にブログを始めてしまいました。

ここには自己満でJUMPのいろいろを綴っていきたいと思っております。

 

さて。

今回はなぜJUMPにたどり着いたのかを書きます。

 

1.はじめはKAT-TUNから始まった

そもそも私の周りにはいわゆるジャニヲタが小学生時代から多く存在しており、例に漏れず私も影響されていった。

はじめはドラマでドラゴン桜を見たり、野ブタ、をプロデュースを見たりして、「ドラマ面白いな〜」程度であった。

一変してジャニオタになってしまったのは伝説のごくせん(2期)である。

 

な、なんだこのかっこいい人は…!

 

その人物…赤西仁

 

そりゃもうドラマの次の日は話が盛り上がる。

ジャニヲタとして沼にどっぷり浸かった私は、DVDを借りては見て、少クラという番組を知って見まくるという日々を送ることになる。

そこで第2の出会いがある。

 

2.山田涼介に出会う

ここら辺の時系列は怪しいのだが、少クラを見ていた私は見つけてしまう。

 

なんだこのかわいい子は…!

(実は一個下だった)

(年齢もろバレ)

 

当時は裕翔くんやらYaやらが人気だったのだが、どうにもこうにも山田くんから目が離せん!!!

「「手をつないでいこう」めっちゃいい歌やん…山田くんみっけ!かわいい〜!!」

という具合である。

 

というわけでさらっと担降りしてしまう私。ごめん仁くん…

さらに友人からドル誌を教わり、なけなしのお小遣いで買う( ´  ` )

さらにさらに探偵学園Qが始まり、デビューが決まり…怒涛の日々が始まる。

学校にいた裕翔担、伊野尾担と語り合い、卒業アルバムにまでヲタ話を持ち上げる始末(今思うとヤバイやつ)

(でも女子校だったのでジャニヲタになっていく子はいっぱいいた)

 

 

しかし、我が家かなり厳しくてですね〜。

探偵学園QのDVDも月々のお小遣い減らして分割払いですよ。

デビューLiveもちろん行きたかったですよ。行けませんでした。

周りの友達にグッズ頼んで買ってもらう屈辱…

辛い日々が続きました。

 

3.2度目の担降りを経験

もう会えない辛さが有り余って茶の間にいても会える嵐さんへシフトしてしまうのでした。

 

それが加速したのは流星の絆のニノ。

既にかの有名な硫黄島からの手紙拝啓、父上様

「演技まじ好み〜」

(いや、当時は同じヲタ友に「まじ?!硫黄島から入るニノ担あんただけだよ?!」とか散々な言われようだった 笑)

となっていた私を落とすのはちょろかった。

そこからガンガン見ました。バラエティやら歌番組やら。丁度その頃嵐が爆発的に人気になった頃でbelieveのPVで完全に担降り。二宮担になってしまった。

 

4.会える喜び

いや〜、大学生万歳!

バイトをし出した私は、遂に夢だったファンクラブに入り、さらに夢だったライブ参戦を果たす…!

高校からの友人ともう感動ですよ。

目の前に嵐さんいるんだもん。

お金も自分が稼いだのだから、自分で使いますよ。

二宮氏に貢ぎ、当時の彼氏を悲しませました。

(いや、ふつーに初回版買うとか、年1でライブ遠征行くくらいの話ですよ?)

人それぞれだとは思いますが、

あくまで私のジャニーズへの定義は「雲の上の人」

で、

恋愛感情の「好き」

とは違うのですが…。

私、ミスチルとか絢香とかフェスとかいろんなLive行くんですが、ジャニーズもその括りなんだよね。

(だから、ライブでも「ハイ!ハイ!(低音)とやり、周りに迷惑にならない程度にライトブンブンしてると、周りのかわいらしいノリからは浮く。激しいノリも静かに聴くのも慣れっこだけど、ジャニーズのLiveってやっぱり独特の可愛らしい空気がある)

ま、話それましたが、今思うと、VS嵐見て、「にの〜♡」ゆうてたら、そりゃ彼氏にも「おいお前」と思われるわな。

 

5.転機。〜再びJUMPが好きになるまで〜

 

はい、やっと本題です。

が、勝手に眠くなったので一旦終了。(勝手が過ぎるだろうよ)